農業の後継者問題

日本の農業は大きな問題をたくさん抱えています。 問題の一つ高齢化と後継者不足です。 1960年の農業の就業人口は約1454万人だったが、2009年には289万人に減りました。 原因は輸入品との競合による農産物の価格低下などで農家の所得が減り、若者が都市に流出したことです。 現在、農業の担い手の6割は65歳以上となっています。 現状として、65~69歳の7割が農作業を自分1人または自分が中心で行っていると言います。 農林漁業は「働けるうちは いつまでも働きたい」と答える人が7割を占め、意欲の高い人が多いです。 高齢者による農作業中における事故の割合は上昇傾向にあります。 農業機械の転倒などで08 年に起きた死亡事故は374件ありました。
 高齢化する農村では深刻な問題になっています。 若い人が農業を職業に選ばないのは様々な理由があります。 一つは農家出身でない人が農業を始めようとしても、農地や住宅の確保が難しい状況でもあります。 一つは高額な農業機械の購入資金も壁になっています。 一つは収入も低く、就農1年 目のコメ作りの売り上げは平均229万円、費用は平均689万円になります。 08年に新規就農した人は6万人だが、農家出身者が5万1千人を占めるそうです。 非農家出身者が単独で農業に参入するのは難しい現状が存在しているのです。